原因に合った選択をしよう

悩む男性

薄毛になる原因

全国で1200万人の成人男性に発症しているのがAGAです。頭頂部や生え際が薄くなる男性特有のAGAは、主に4つの原因で発症します。1つ目の原因が男性ホルモンの過剰分泌です。男性ホルモンの過剰分泌により、毛根細胞が萎縮します。毛根細胞が萎縮してしまうと髪の成長は止まり、髪のサイクルが乱れてしまうのです。2つ目の原因が遺伝です。特に母方の遺伝による影響が大きいと言われており、母方に薄毛の方がいる場合にはAGAとなる可能性が高まります。3つ目の原因がストレスです。ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱すため、血行不良の症状が現れます。血行不良は身体全体に悪影響を与えるため、髪の毛にも大きな負担がかかります。4つ目の原因が生活習慣の乱れです。偏った食生活や睡眠不足、運動不足により、髪の毛に毎日負担がかかってしまいます。

専門病院のメリット

AGAと言っても、その原因は人によって異なります。そのため、AGAを治療するためには、その方に合った治療方法を選択する必要があります。その方に合っていない治療方法では、ただ時間と費用を無駄にしてしまうことになります。AGAを専門に扱っている病院では、その方に合った治療方法を提供しています。2005年から日本で販売が開始された内服薬や毛の成長や発毛を促す外用薬、頭皮マッサージ、サプリメント、頭皮への注射など、多くの治療方法を用意しているのが、AGA専門病院の特徴です。また、頭皮や頭髪の専門医師がいることも、AGA専門病院の特徴です。日々研究や診察を行っているため、一般皮膚科や一般内科の医師より、適切な治療を行ってくれます。薄毛に悩まれている方は、自分で治療しようとは思わず専門の病院にまずは診てもらうことが重要です。